Home » 我が闘争 英語版 Mein Kampf English by アドルフ・ヒトラー
我が闘争 英語版 Mein Kampf English アドルフ・ヒトラー

我が闘争 英語版 Mein Kampf English

アドルフ・ヒトラー

Published January 21st 2014
ISBN :
Kindle Edition
659 pages
Enter the sum

 About the Book 

本書は1925年にアドルフ・ヒトラーが執筆したものを1931年にジェームズ・ヴィンセント・マーフィーが英語訳したナチスドイツ公認の英語版我が闘争である。本書は巻構成となっている。内容紹介第1巻となる前半部分は自分の生い立ちを振り返りつつ、ナチ党の結成に至るまでの経緯が記述されている。自叙伝は他の自叙伝同様に誇張と歪曲がなされたものであるが、全体としてヒトラー自身の幼年期と反ユダヤおよび軍国主義的となったウィーン時代が詳細に記述されている。第2巻となる後半部分では、自らの政治手法、More本書は1925年にアドルフ・ヒトラーが執筆したものを1931年にジェームズ・ヴィンセント・マーフィーが英語訳したナチスドイツ公認の英語版我が闘争である。本書は2巻構成となっている。内容紹介第1巻となる前半部分は自分の生い立ちを振り返りつつ、ナチ党の結成に至るまでの経緯が記述されている。自叙伝は他の自叙伝同様に誇張と歪曲がなされたものであるが、全体としてヒトラー自身の幼年期と反ユダヤおよび軍国主義的となったウィーン時代が詳細に記述されている。第2巻となる後半部分では、自らの政治手法、群衆心理についての考察とプロパガンダのノウハウも記されている。戦争や教育などさまざまな分野を論じ自らの政策を提言している。特に顕著なのは人種主義の観点であり、世界は人種同士が覇権を競っているというナチズム的世界観である。さらにあらゆる反ドイツ的なものの創造者であると定義されたユダヤ人に対する、反ユダヤ主義も重要な位置を占めている。また「経済の理のみ狙うは民族の堕落」「世の中に武力によらず、経済によって建設された国家など無い」と、経済偏重がドイツの敗北を招いたとしている。外交政策ではロシア(ソビエト連邦)ӗ